岡山の出張マッサージ&アロマオイルマッサージサロン PULITO(プリート)

岡山の出張マッサージ&アロマオイルマッサージサロン PULITO(プリート)
 

新着情報

新着情報

アロマオイルの香りが身体に及ぼす3つのルート

2017年3月23日

・嗅覚からのルート
鼻→嗅上皮・嗅細胞→大脳辺縁系→視床下部香りを嗅ぐことで、
芳香物質は、鼻の奥の臭粘膜の粘液に付着します。
芳香物質は粘液に溶け込み、化学的情報が嗅毛で受容され、嗅細胞が興奮します。
嗅細胞の興奮は嗅神経に電気的インパルスを引き起こし、
電気的インパルスは嗅球(大脳前頭葉下面)に伝達されます。
そしてこの匂いの神経情報は嗅球を経てから前梨状葉皮質、扁桃核、視床などを通って前頭葉の眼窩前頭皮質の臭覚野に達します。
また、視床から大脳辺縁系へ到達した電気的信号は、視床下部に行き自律神経に影響を及ぼし、またその近くにある下垂体にも影響を与え、内分泌にも影響を与えます。
このようにして、香りは私たちの心理的面や生理面に働きかけるのです。
大脳辺縁系は、私たちが元気にたくましく生きる情動や本能と関わっているところです。
現代は情報社会といわれていますが、私たちは視覚や聴覚からの情報に頼って主に大脳の新皮質ばかりを使う傾向があり、知らず知らずストレスをためています。
植物の精油成分は嗅覚を刺激し、大脳辺縁系を活き活きとさせ、自律神経やホルモン、内分泌の働きのバランスをとって生きる力を呼び戻してくれるのです。

2・皮膚から血管・リンパ管へのルート
表皮→真皮→血管→リンパ管マッサージや、塗布、湿布などによって精油成分は、皮膚内に浸透し、皮膚に対して働きかけを行い、一部が身体の血液に入ってきます。
そして精油の薬理作用が血液の循環によって、身体の各部へ運ばれ身体に影響を及ぼします。

3・呼吸器からのルート吸入
(鼻・口)→肺→血管吸入や芳香浴、沐浴、マッサージの時に吸い込んだ精油成分は肺を通じてわずかですが私たちの体内の血液に取り込まれ、身体に影響を及ぼします。
血液中に取り込まれた精油成分は肝臓で分解され、分解された物のほとんどが腎臓で濾過され、
尿中へと排出されます。その他、汗や呼吸の中や便の中にも排出されていきます。

☆もう一つのルートとして、消火器からの経路(内服する)がありますが、日本では認められていません。
フランスでは一部の医療現場で、内服によって、消化器官から体内へ吸収させる方法もとられてますが、
この方法は非常に精油成分の吸収率が高いので、危険も伴います。ですので、口からの摂取はしないで下さい。


Category:未分類


クレジットカード

クレジットカード

姉妹店のご紹介

ベレッツァ

PULITOへのご予約・お問い合わせは
086-212-1177

営業時間*12:00~24:00

〒700-0936
岡山県岡山市北区富田514-1
スカール富田公園101号

 

 

Copyright(c)2015 PURITO.All Right Reserved.